整形外科とは

整形外科

身体の動きに関わる器官(骨、関節、筋肉、神経 など)のことを総称して運動器と呼びます。これらの部位で起きた病気や外傷による損傷などを幅広く診察・検査・治療していくのが整形外科です。
なお対象世代につきましては、小さなお子様からご年配の方まで幅広く対応しておりますので、親子3世代でお気軽にご来院ください。
診察時は、まず問診から始めていき、次に実際に症状があるとされる部位を押す、曲げる、伸ばすなど触診をしていきます。医師が必要と判断すれば、X線撮影、超音波検査(エコー)を行うなどして診断をつけていきます。
リハビリテーションが必要な場合は、医師から理学療法の指示を受けた理学療法士が運動能力を回復するためのサポートも行っていきます。さらに、ケガをしない、病気にならない身体づくりを含めた予防的リハビリテーションも積極的に行っております。
初期診療(プライマリー・ケア)の結果、入院加療や手術を要する場合は、当院の提携先でもある総合病院や専門の医療機関を紹介します。

このような症状がある場合はご相談ください

症状
  • 肩や首が凝る
  • 腕が上がらない
  • 首、肩、腕、肘、手などが痛む
  • 腰、股関節、膝、足、背中などが
    痛む
  • ぎっくり腰になった
  • むち打ち症になった
  • 手足がしびれる
  • 手指がこわばる
  • 指を伸ばす時に引っ掛かる
  • 突き指をした
  • 捻挫、骨折、打撲、脱臼をした
  • 切り傷、すり傷、やけどなどの
    外傷を負った など

症状別にみる整形外科領域の代表的疾患

よくみられる症状 考えられる主な疾患
首の痛み 頸椎症、寝違え、むち打ち症、頸椎症性神経根症、頸椎椎間板ヘルニア
肩のこり、痛み 頸肩腕症候群、五十(四十)肩(肩関節周囲炎)、肩腱板損傷
手のしびれ 頸椎椎間板ヘルニア、手根管症候群
肘の痛み 腕骨外側(内側)上顆炎(テニス肘、野球肘など)、肘内障、肘部管症候群、変形性肘関節症、離断性骨軟骨炎
手・手首の痛み 手根管症候群、関節リウマチ、腱鞘炎、手指変形性関節症
手の指の痛み ばね指、突き指、デュピュイトラン拘縮、ヘバーデン結節
腰の痛み 腰痛、ぎっくり腰、腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、腰部脊柱管狭窄症、胸・腰椎圧迫骨折、腰椎分離・すべり症、坐骨神経痛、骨粗しょう症
ももの付け根の痛み 変形性股関節症、単純性股関節炎
足のしびれ 腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、慢性閉塞性動脈硬化症(ASO)
膝の痛み 変形性膝関節症、靭帯損傷、半月板損傷、オスグッド病(小児)、関節水腫、関節ねずみ(関節内遊離体)
すねの痛み シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)
足の痛み 足底筋膜炎、扁平足、アキレス腱断裂
足指の痛み 外反母趾、巻き爪(陥入爪)、痛風