診療の理念

一人ひとりに思いやりのある
最良の医療を
笑顔になれるクリニック

診療方針

  • ①笑顔の絶えない 思いやりのある医療の提供 病気そのものを診るだけでなく、病に苦しむ人に向き合い、その人そのものを診ることが大切だと考えます。同じ病気でも、苦痛の感じ方や悩みは違います。スタッフ間のコミュニケーションを大切にし、スタッフ全員で患者さん一人ひとりの声に耳を傾け、心に寄り添い、身体的な痛みのみならず、心の痛みまで取り除き、笑顔になれる思いやりのある医療を目指します。
  • ②最良な医療の提供 全ての患者さんに質の高い医療を提供するために、スタッフ全員が自己研鑽し、常に新しい医学の習得に努めるとともに最新の根拠のある知見に基づいた医療を提供してまいります。患者さんの状態をしっかりと把握したうえで、ご自身の趣味、生活スタイル、ご希望や目標達成のために必要な治療方法を一緒に考え決定し、一人ひとりの状態に合わせたオーダーメイドの治療を提供いたします。
    高度専門的な診断や治療が必要となる場合には、大学病院、総合病院などとの医療連携を用いて、患者さんにとって最も良い医療機関へ迅速にご紹介いたします。
  • ③地域医療の推進 患者さんとそのご家族、周囲の方々、学校や職場など地域の方々と笑顔で触れ合う事により、より良い医療サービスを提供してまいります。さらに、怪我をしない、病気にならないための予防医療にも力を注ぎ、生涯にわたり健康に生活していただく為のサポートに努め、地域の健康ステーションとして親しんでもらえる医療機関を目指します。

外観・院内のご紹介

クリニックビル外観

クリニックビル外観

クリニック入り口

クリニック入り口

受付

受付

受付ロゴマーク

受付ロゴマーク

待合室

待合室

診察室

診察室

処置室

処置室

リハビリテーションルーム

リハビリテーションルーム

リハビリテーションルーム

リハビリテーションルーム

検査室

検査室

トイレ

トイレ

表面温度測定装置

表面温度測定装置

クリニックビル外観 クリニック入り口 受付 受付ロゴマーク 待合室 診察室 処置室 リハビリテーションルーム リハビリテーションルーム 検査室 トイレ 表面温度測定装置

医療機器のご紹介

  • X線検査装置
    X線検査装置

    レントゲン検査は、目に見えない体内の状態や臓器の働きを調べる検査です。
    骨折や骨疾患に関して、レントゲン検査は最も有用な検査方法となります。
    骨折の診断は、症状を確認し、レントゲン検査を行えば、どのような骨折なのか診断がつきます。
    また骨折脱臼などの骨のケガの他にも、骨変形・骨粗鬆症・骨軟化症・骨腫瘍・椎間板ヘルニア・慢性関節リウマチ・変形性関節疾患など、様々な診断に有効です。

  • 骨密度測定装置
    骨密度測定装置

    骨に2種類のX線を当てて、骨を通過できなかったX線の量から骨密度を測定するDEXA法による骨密度測定装置です。骨折最も重篤な骨折につながる腰椎部や股関節のそばにある大腿骨頸部の骨密度を測定し、骨粗鬆症の診断と治療にあたります。
    数十秒という短時間で、正確に腰椎の骨密度が測定できます。

  • 超音波診断装置
    超音波診断装置

    超音波検査は、放射線被ばくや苦痛もなく、診断装置も小型で移動も容易なことから、検診に広く用いられ、病気の早期発見に役立っています。
    損傷部分に超音波を直接照射して画像化します。関節リウマチによる滑膜炎、靭帯断裂、腱板損傷、肉離れ、腱鞘炎などの診断や、関節内注射、神経ブロック等々に活用できます。

  • ウォーター型マッサージベッド
    ウォーター型マッサージベッド

    ウォーターベッドならではの浮遊感に抱かれながら「水」の流体特性を応用し「手技療法」と同様な心地よい刺激を作り出します。水圧の刺激で肩から腰、下肢にかけての筋肉、腱、靭帯の凝りをほぐし、血行改善に効果的です。
    慢性疾患はもちろん、ストレスによる疲労回復に心身ともにリラクゼーション効果が期待できます。

  • 低周波治療器・複合電気治療器
    低周波治療器・
    複合電気治療器

    周波数の異なる搬送波を体内に流すと干渉しあう領域に干渉低周波が発生します。これを利用した干渉低周波療法は不快感無く低周波により深部の筋を刺激することにより、痛みの緩和や筋萎縮の改善を図ります。

  • 超音波骨折治療器
    超音波骨折治療器

    非常に出力の低い超音波をパルス状(継続的)に照射することで、骨折部位の骨の形成を促進し、骨癒合期間を短縮できます。
    治療器を患部に当てるだけになりますので、痛みや違和感等もありません。

  • 超音波治療器
    超音波治療器

    治療部位に合わせて浅部、深部、広範囲をカバーできるモード選択が可能なため、損傷部位に合わせた温熱治療が可能です。ハイボルテージ電気刺激治療器と接続すると温熱治療と電気刺激治療を同時に行うことが可能で、治療効果を高めてくれます。

  • 高電圧電流治療器(ハイボルテージ)
    高電圧電流治療器(ハイボルテージ)

    一秒間に数百万回のミクロマッサージ効果により、身体の深部の筋肉を温めて痛みを取ります。またけがをしたばかりの腫れを軽減させる、組織の修復を促進するなどの効果もあります。